子供の肘が曲がらない!肘内障の原因と症状・治し方

鉄棒

こんにちは、理系パパです。

育児を経験されたママ・パパでしたら、「子どもの腕は抜けやすいから注意すること!」と聞いたことがあるかもしれません。腕が抜ける、具体的な病名は「肘内障」と書いて「ちゅうないしょう」と呼びます。小児ではたまに聞くこのトラブル、うちのヒメも3回、経験があります。今回はその時の経験を元に、

 ・肘内障の概要
 ・我が家の肘内障
 ・治し方
 ・自分で治してよいのか

についてお伝えします。

スポンサーリンク



肘内障とは

 

多くのウェブサイトで解説されているとおりですが、肘から下側の2本の骨を結びつけている肘の靭帯(輪状靭帯)から、何らかの原因で1本の骨が軽く抜けてしまう状態です。

軽く、というのは、多くは骨が靭帯から完全にひっこ抜けるわけではなく、抜けそうな位置でひっかかっている亜脱臼であり、完全脱臼には至らないことが多いからです(なので、本当に「腕が抜ける)というわけではありません)。

 

肘内障のイメージ(右腕)

 

原因

 

腕を強く引っ張って、ピーーンと伸ばしてしまうことが大きな原因で、とてもわかりやすいです。よく言われる事例として、

・子どもを急がせるあまり手を強く引っ張った

・手をつないで歩いているときに子どもが転んでしまい、結果強く手を引っ張った

・鉄棒をしていた

という状況です。

 

小児の頃は輪状靭帯が薄くて強くなく、引っ張った力に負けて骨がちょっと抜けてしまいます。成長とともに、5~6歳頃までには靭帯が強くなって発症することは少なくなるようです。ただ、一度経験した子どもは、肩の脱臼などと同じように「クセ」になって何度もやってしまうこともあるとのことです。

また、上のようなよくある事例以外でも、寝ているときですらなる可能性があるとのことです。腕を巻きこむように寝返りを打ってしまうと、引っ張られた時と同じような作用が働き、亜脱臼してしまうようです。

 

症状

 

突然、肘を痛がり、小さい子は火がついたように泣き出します。骨折や靱帯損傷(ねんざ)の時のように、大きく腫れたりすることはないようです。そして特徴的なのは、受傷した方の腕を一切使わなくなり、自分で曲げることがなくなります。

うちのヒメは現時点で2回経験していますので、その時の様子をお伝えします。

 

ヒメの肘内障①

 

1回目の肘内障は1歳10カ月の時です。

発症した原因ですが、布団に座らせて両手を持って何度もギッタンバッコンしていたとき、少しガクンッガクンッガクンッ衝撃を与えながら後ろに倒すとキャッキャキャッキャ大喜びしたのでそのまま何度もやっていると、急に泣き出しました。完全に典型例です・・・^^;

これはおかしいな~と思ったのは、ギャン泣きのひどさもあるのですが、いつまでたっても気分転換させても泣きやまないことでした。

 

小児で腕が抜けることが多いことを知っていたので、心配になって日曜日の夜に夜間救急を受診しました。病院についたとたん、なぜか泣きやんでしまい、実は大したことなかったのか!?と逆に救急の待合室で心配になったのですが、診断は肘内障。先生に整復してもらい、すぐに治りました。治ったことはバイバイができるようになるのですぐにわかります。

 

ヒメの肘内障害②

 

2回目の肘内障は2歳2カ月の時です。

元旦の朝という最悪のタイミングで発症しました(笑)

1回目で肘内障の事をすでに勉強していたし、クセになりやすいことも知っていて注意していたのですが、今回は手を引っ張ってというわけではなく、一人で遊んでいるときに発症しました。ちなみに前回と逆の腕です。

リケパパの実家のソファで遊んでいて、ズリズリとソファから滑り下りたあと、急に泣き出しました。誰もその瞬間を見ておらず、しかも「ドスンと落ちた」というわけでもなかったので、ソファから降りてなぜ急に泣き出したのか、しばらくの間わかりませんでした。

ただ、ギャン泣きが続き、手首あたりを指して痛いといい、冷やしたり気分転換させても泣きやみませんでした。前回の経験があったので、①泣きやまない、②自分で腕を曲げない、ということから肘内障を疑い、時間外外来を受診しました。

先生も悩んでいる様子でしたが、整復法で無事に治りました。発症の原因は、推測でしかありませんが、ソファとソファのわずかな隙間に腕を入れながら降りたことで腕が引っ張られたりひねられたりしたのではないか、とのことでした。

 

ヒメの肘内障③

3回目の肘内障は2歳8カ月の時です。癖かどうかはわかりませんが、完全に「はずれやすい」子だということがわかりました。

今回は2回目の時よりもさらに原因がわかりません。というのも、夕食中に発症したからです。椅子に座ってご飯を食べさせていた際、急にヒジあたりを指さして痛い痛いと泣きわめき、大粒の涙を流し始めました。

2回も経験していたので、①なぜかわからないが最近になく泣き方がひどい、②腕をだらんと下げたまま、という2点から即座に肘内障を疑いました。そして、今回は初めて、病院を受診せずに私が直接整復してあげました。

2歳8カ月というと、言葉もかなり達者になっており、普通に会話ができているので、整復した直後に「もう痛くない」と自分で話し、とても安堵しました。

それにしても、鉄棒にぶら下がる程度の動きは毎日のようにしているはずなのに、なぜ夕食中にいきなり肘が亜脱臼してしまったのか、まったくもってわかりません。

 

 

 

治し方

 

基本的に徒手整復術(先生の手で治す)で、治し方には大きく2つあります。

 

①アイーンのように曲げる
先生が片方の手で肘をしっかり掴んで固定し、もう片方の手でグイッと腕を曲げます。子どもの腕を持ってバカ殿のアイーンをさせるイメージで間違いありません。

②まっすぐ曲げる
だらんと下げた腕の手のひらを先生の方に向け(外転)、そのまま肘を中心に上にグイッと曲げる。たとえは悪いですが、中指を突き立てる悪意のあるジェスチャーをする感じで曲げるイメージです。そして曲げたまま、手のひらを返します。

輪状靭帯がはまったときに、コリっというクリック感が感じられ、治ったことがすぐにわかるそうです。

 

念のため、待合室でしばらく待たされ、その間に「腕を自分で曲げるかどうか」を見ているように言われました。整復後は痛みが完全になくなるようで、適当に遊ばせているとすぐに肘を曲げてくれますし、バイバイをしてくれたら完璧です。

(追記)
ヒメの3回目の肘内障の際は、理系パパが②の方法で整復してあげました。2回目の時に先生から習っていたとはいえ、ちょっと怖かったです。ただ、やってみるといとも簡単に整復できました。

治した時のクリック感は感じられなかったのですが、ダランとした腕を外転させたときにコリコリっという感じが腕に走ったのを覚えています。ひっかかっている靭帯の伝達感だったのかもしれません。感じられた時は、外転させただけでもう治ったのでは?と思ったのですが、ギャン泣きが治まらず、まだ痛いと叫ぶのですぐにそのままグイッと曲げて整復完了しました。

 

肘内障を自分で治してよいのか

 

私ごときのブログで、簡単に「自分でできますよ」とはなかなか言いにくいです。 ただ、大学病院の先生が2回目の発症の際、次に発症した時のために上記の整復法を教えてくれたため、3回目は自分で整復しました。

整復術を見る限り、単にアイーンをするような動作だけなので、難しい動きではなく自分でもできますし、私は今後も発症した場合は自分で整復してあげようと思います。というのも、ウチはなぜか病院の時間外にばかり肘内障になってしまい、救急外来で長時間待たされるのがもうイヤというのが大きな理由です。

 

ただ、子どもの大事な大事なカラダです。お子さんで肘内障の症状が見られたら、初回は無理して自分で整復しようとせず、速やかに小児科や整形外科を受診してください。

 

ただ、すぐに病院に見せられない際の対処として、詳しい方法がかかれたサイトもありましたので、引用しておきます。

 

夜間などで、すぐに医師に診てもらえないときには、以下の方法を試してみましょう。

試した際にひどく痛がるようであれば、脱臼や骨折のリスクもあります。途中でやめて動かさないように固定して医師に診てもらえるまで待ちましょう。

 

<腕が抜けたときの対処法>

まずは、手の平を上に向けた状態で、ひじの関節を動かさないようにしっかりと支えて、お子さんの様子を見ながら、ゆっくりとひじを曲げていきます。しばらく曲げていくと、外れたところが元に戻る際に、コリっというような、接合を感じられるような音がします。

外れたりずれた部分を、うまく元に戻すことができれば、痛みもおさまり、何事もなかったように、いつも通り、腕を自由に動かせるようになるそうです。

東京ガス ウチコト | 家事(ウチのコト)で役立つちょっとしたコト

あともう1つ、先日の中日新聞にも特集記事がありましたので、引用します。

手のひらを上にし、脇を締めて肘を45~90度曲げた状態で、手のひらを内側に返す。これで治らなければ、そのまま手の甲が上を向いた状態から、今度は手首を逆回りで元に戻すとよい。靭帯が元通りになれば、すぐに腕を動かせるようになる。山間地や離島など、近くに医療機関がない人は試してみるのも一つ。ただし注意点がある。骨折との見極めだ。骨折は腫れがあるのに対し、肘内障ははない。転んだり、手を突いたりしていれば骨折の疑いがある。本当は骨折なのに肘内障と勘違いして親が治そうとすると、悪化させる恐れがある。肘のあたりの状態や直前の過ごし方で慎重に判断してほしい。

中日新聞(2017年5月)

 

このやり方は私のやり方とは違いますが、いろんな方法があるのだと思います。

私も含め、一度経験されたママ・パパはお子さんがクセにならないよう、日々の生活でのできるだけ注意したいですね。私も両手を持って体を持ち上げたりしてましたが、受傷後に一切やめるようにしています。

 

今回は小児肘内症の体験談でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク