ディズニーリゾート家族旅行!赤ちゃん、子連れの攻略法と反省点

disneyimageこんにちは、理系パパです。

小さな子どもがいる家族の旅行先としてド定番のディズニーリゾート。ついに理系パパも行ってきました。ヒメは3歳直前、オウジは生後5ヶ月の家族旅行となりました。子連れや赤ちゃん連れのディズニー攻略についてはいろいろなブログで紹介されていますが、今回は我が家の攻略体験記(と反省点)や、子どもにとって初めての飛行機の話題などについてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク



1 ディズニーリゾート旅行を選んだ経緯

まず、家族旅行としてディズニーを選んだ経緯について簡単に。

 

①ヒメの成長

1つは、ヒメの3歳の誕生日が近づき、もうおしゃべりも上手になって、色んな事を体験してその楽しさを理解できる年になってきたからです。ミッキーなどのキャラクターに会う楽しみ、お姫様に会う楽しみ、数々のライドの楽しみを、ちゃんと理解してもらえるだろうなということです。

 

また、これまでも隣県への日帰り家族旅行などには行っていましたが、成長によってさらに遠方への宿泊を伴う旅行にも行けるんじゃないかな、という思いから計画しました。

 

 

②ヒメが3歳直前というタイミング

費用がかさむ飛行機での旅行でも、2歳のうちならタダで行くことができます(大人が抱っこする必要がありますが)。我が家の家計にも優しいし、せっかくなので初めてフライトを体験させたいという思いがありました。

ちなみに理系パパは地方に住んでいるので、上京には飛行機を利用することが多いです。

 

 

③ANAマイルの消費

理系パパは、日々の支払いをANAクレジットカードで行っていたり、いろんなポイントサイトで貯まったポイントをマイルに移行していたりと、陸マイラー的な活動もやっています。陸マイラーのプロのみなさんのように膨大なマイルがあるわけではありませんが、それでもまぁまぁ貯まっていました。

にもかかわらず、育児中ということもあってそのマイルを消費する機会もなかなかなく、マイルの期限がせまっていました。これを消費しないともったいないということで、ANA国内ツアーで旅行を計画し、全額スカイコインで決済してやろうと思いました。

ツアーなので、飛行機のチケット、ディズニーのパスポート、宿泊ホテル、羽田-ディズニー間の移動などなど、全ての費用がマイルから移行したスカイコイン決済となって、実質タダで旅行に行く事ができます。

 

 

④夫婦そろって育休中

ママも理系パパも今年度いっぱい育休を取得していて仕事をしていません。なので、旅行日程はド平日も含めて自由に設定ができます。特にディズニーなどの混雑する場所は、何もない平日に行くのがベスト(混んでないしツアー価格も安い)だと思うので、自由度が高い今年度中に行っておきたいと思っていました。

 

こうした理由で、結局、ヒメが3歳の誕生日を迎える直前となる10月の平日(火水木)に、2泊3日のANA国内ツアーを組んでディズニーリゾートに旅行してきました。

 

 

2 赤ちゃん連れディズニー体験記

2泊3日なので3デーマジックパスポートで丸3日間、ディズニーリゾートを楽しむことにしました。具体的な旅程は下のとおりです。

<1日目>
自宅→(車)→地元空港→(飛行機)→羽田空港→(リムジンバス)→TDS→(リゾートライン)→ディズニーランドホテル泊

<2日目>
ディズニーランドホテル→(徒歩)→TDL→(徒歩)→ディズニーランドホテル泊

<3日目>
ディズニーランドホテル→(リゾートライン)→TDS→(シャトルバス)→アンバサダーホテル・シェフミッキー→(シャトルバス)→TDS→(ANAバス)→羽田空港→(飛行機)→地元空港→(車)→家族風呂→(車)→自宅

 

実はヒメ、旅行の1週間前に風邪をひいてしまい、もし悪化して発熱でもしたら中止だなとドキドキしていました。子連れ家族旅行でよく聞く話だと思います。なんとか悪化せず軽快していったのですが、現地入りしてから悪化しないかとヒヤヒヤでした。

結論から言うと、3日間どんどん風邪は軽快していき、心配は杞憂に終わりました。少しでも負担をかけないようパーク内の移動は全て私が抱っこかおんぶで移動したのですがよかったのかもしれません。

それでは旅行の詳細です。

 

 

旅行初日-出発~TDSへ

air imageまず、3歳直前のヒメにとって初めてのフライトです。怖がらせないよう、1、2ヶ月前から「飛行機」というものを言い聞かせておきました。空を見上げて飛行機が飛んでいた時、「電車や車と違ってお空を飛べるんだよ」「あれに乗ってミッキーさんのおうちに遊びに行くんだよ」とか。

あと、ちょうどEテレで放送されている「おさるのジョージ」で、「ハワイへいこう」というタイトルの放送があり、空港内の様子が細かく描かれていたため、ヒメの『予習』にとてもよい教材になりました。

そんなこんなで、初めての空港、そしてフライトは怖がることもなく楽しくスタートすることができました。ヒメは私の膝の上、5ヶ月のオウジはママの膝の上で良い子にしていてくれました。

ただ1つトラブルが・・・・

 

はじめてのフライトで飛行機酔い

ヒメ、飛行機が着陸態勢に入るために降下を始めたあたりから具合が悪くなってきました。まだ2歳のヒメは事細かに自分の状況を説明するほど言葉が達者ではありませんが、「お腹痛い」と表現し、具合が悪いことを訴えてきました。

私は、降下時の重力が軽くなるようなフワフワ感が危ないんじゃないかなと思っていたので、この「お腹痛い」は実際に痛いわけではなくて吐き気が来たんだなとピンときました。案の定、すぐにオエッとなったので、あらかじめ準備しておいた座席に備え付けられてある袋で対処しました。

小さなヒメの初めてのフライトで具合が悪くなってしまい、「飛行機って嫌なものだ」という感覚が植えつけられてしまったら残念だなと思いましたが、ANA客室乗務員さんのホスピタリティ溢れるフォローもあり、飛行機から降りたあとはすぐに元気になりました。(客室乗務員さんには、ヒメ宛ての手書きのメッセージカードまで即席で作っていただき、素晴らしい対応に感動しました!)

 

 

ディズニーリゾートへはリムジンバスで

さて、預けた荷物を回収です。今回、オムツや2日目以降の洋服などはホテルに事前に宅配便で送っておいたのですが、それでも、

・ベビーカー(エアバギー)の骨組み
・ベビーカー(マキシコシ・ペブル)
・スーツケース

と、3つの大きな荷物がありました。うちはベビーカーの駆動性を重視して、オウジは「エアバギーにマキシコシペブルを装着」というスタイルなので、どうしても公共交通機関の移動が大変です。とりあえず、荷物を無事回収し、ヒメの体調を考えて空港内のドラッグストアで酔い止めを購入し、リムジンバス乗り場に移動です。

ここで少し焦ります。空港到着ロビーから外に出て、バス乗り場の番号を見るとはるか遠方!!出発5分前にバス停に着けるなと思っていたのですが、バス停まで5分くらい歩かされたので、結局バス発車ギリギリになりました。しかもそこでまたベビーカーを分解する作業・・・・。バス停の遠さを見くびっていました。

 

 

旅行初日-TDS到着

車中ではヒメは30分ほど寝てくれて、到着したら元気に回復していました。ママはこっそりオウジに授乳もできたようです。

そしてようやく初日のイベント、ディズニーシーです。チェックインの時間も惜しんでホテルに寄らずにTDSまで来たので、一旦荷物はコインロッカーに預けます。入園は14時、ちょうど午前中の雨が上がったところでした。disney sea image

 

 

【昼食】ニューヨークデリ(アメリカンウォーターフロント)

まずは腹ごしらえです。お昼ごはんをまだ食べていないのでお腹ペッコリ。理系パパは念願の「昼間からビール」です。ヒメは大きなサンドイッチに大喜びでしたが、もともと食が極めて細く、そんなには食べてくれませんでした。オウジはペブルで爆睡!

 

 

エレクトリックレールウェイ(アメリカンウォーターフロント)

昼食後は、ママが電車大好きなヒメをエレクトリックレールウェイに乗せてポートディスカバリーまで移動です。ちなみに駅でオムツ交換を済ませました。レールウェイではベビーカーを折りたたむ必要があり、ペブルはそれが不可能なので、私はオウジを乗せたベビーカーとともに徒歩で移動。食後の良い散歩です。

 

アクアトピア(ポートディスカバリー)

アクアトピア前でママと合流。ママ・ヒメでアクアトピアを楽しみます。10分待ち。飛行機酔いの影響もなく、2歳でも楽しめたようです。私は撮影スポットからビデオ撮影。ベビーカーのオウジは引き続き爆睡!

 

 

ジャスミンのフライングカーペット(アラビアンコースト)

次に、徒歩でアラビアンコーストまで移動しました。ヒメ用のベビーカーを借りていないので、私がおんぶです。30分待ち。30分というある程度の時間、待機するのは初めてでしたが、みんな整然と並んで順番に乗るというのをしっかりわかっているようで、問題なく並んでくれました。単にクルクル回るだけのライドですが、子どもにとっては嬉しいようで喜んでいました。

ちなみに並んでいる間、ママとベビーカーのオウジはロストリバーデルタのロストリバークックハウスでチキンレッグを購入です。

 

 

アリエルのグリーティングロット(マーメイドラグーン)

みんなでチキンレッグをついばみながら移動。アリエルのグリーティングでも30分待ちで、人魚のお姫様と写真をゲット。ヒメは「待つ」ということにも慣れてきた様子です。オウジも機嫌よく写真を撮ることができました。

 

 

マーメイドラグーンシアター(トリトンズキングダム)

10分待ちでさっと入れました。ここは5ヶ月のオウジも含めて家族4人で楽しめます。ヒメにとっては、直前にグリーティングで写真を撮ってきたアリエルが飛びまわるショーはけっこうな刺激だったようです。ただ、大音響には慣れていないのでびっくりした様子でした。

 

 

ジャンピンジェリーフィッシュ/ブローフィッシュバルーンレース(トリトンズキングダム)

乳腺炎がちなママのおっぱいが限界に近づき、トリトンズキングダム内のトイレでオウジに授乳。その間、私とヒメは定番のライドを2つこなします。両方とも10分待ち。大人はたいしたことないライドですが、やっぱりヒメは楽しんでくれました。

 

 

【夕食】ヴォルケイニア・レストラン(ミステリアスアイランド)

この時点で18時。夕食ど真ん中の時間帯になってしまったので、かなりの混雑。結局30分待ちで入店しました。食べるのに時間がかかるヒメにママが対応いている間、オウジのたそがれ泣きが始まり、私が抱っこでウロウロしながらあやします(笑)

食後はメディテレーニアンハーバーに移動しつつ、リフレスコスでターキーレッグを購入。

 

 

水上ショー・ファンタズミック(メディテレーニアンハーバー)

時間の都合上、ハーバー対岸のリフレスコス周辺、つまり裏側からショーを見ることになってしまいました。オウジはうまくベビーカーで寝てくれたので、私はヒメを肩車しながら鑑賞。実は理系パパ、TDSは初めてだったので、大規模な水上ショーに度肝を抜かれました。

ヒメは、やっぱりショーのストーリーを把握することはできませんし、大音響や爆発などで少し怖い思いをしたのか、終わる直前に「もう見ない」と言いだしました。無理強いはしませんので、ここで終了。リゾートラインに向かって歩きはじめました。途中で夜空を彩る花火が始まり、それも楽しみながら歩きます。

 

 

旅行初日-ディズニーランドホテル泊

リゾートラインはベビーカーごと乗車が可能で楽チン♪21時にディズニーランドホテルに着いた頃には、抱っこしていたヒメは今にも寝そうな雰囲気でしたが、チェックイン後は初めてのお部屋を見てハイテンションに・・・。hotel

結局、子ども二人のお風呂やオウジの授乳などを済ませると23時過ぎになってしまいました。二人を寝かせ、私も移動疲れもあり、0時前にはベッドに入りました。ちなみにママはそんな中でも午前3時頃に授乳をしていたようです。おつかれさまですm(_ _)m

 

 

旅行2日目-TDL

今日は朝から快晴!パスポートはTDLです。初日にTDS、2日目にTDLにしたのは、2歳のヒメに朝から晩までじっくり楽しんでもらうのは、TDSよりTDLの方かなと思ったからです。

TDLはディズニーランドホテルの目の前、徒歩で行くことができます。そして、ディズニーランドホテル宿泊者のために「ハッピー15エントリー」で15分早く、7:45にパークに入園できます。本来はこれを使わない手はないのですが、実は今回はこれを利用せず、ゆっくり9時頃に入園しました。

なかなか物を食べてくれないヒメの朝食をしっかりとらせたかったのと、早起きしたり食事をおろそかにするなど無理をして体調を崩されるを一番心配したからです。disney land image

 

 

ミニーの家(トゥーンタウン)

今日もママはオウジのベビーカーを引き、理系パパはヒメをおんぶしての移動です。本当はミートミッキーに行きたかったのですが、平日朝早くにもかかわらずやっぱり40分待ちだったので、あっさりあきらめました。ミニーの家はヒメにピッタリだったようで、混雑する中いろいろと遊んでいました。

ちなみに、この間、理系パパはママのパスポートも持ってファストパスを取りに走ります。子連れディズニー攻略の王道の行動だと思います。「プーさんのハニーハント」と「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」をゲットです。

 

 

チップとデールのツリーハウス(トゥーンタウン)

ウォークスルー系で家族4人で入りましたが、特に何もありませんでした・・・(笑)

 

 

空飛ぶダンボ(ファンタジーランド)

回り者系はヒメ大好きです。35分待ちでしたが根気よく待って楽しんでくれました。私は35分間おんぶや抱っこで節々が痛いです・・。

そして、この待機の時間でママはオウジとともにベビーセンターへ移動し、授乳しました。オウジは神経質で環境が変わるとおっぱいの飲みが悪くなるのですが、今回は大丈夫だったようです。

 

 

ミッキーのフィルハーマジック(ファンタジーランド)

待ち時間ゼロだったので、サッと家族全員で入りました。2歳の子どもに3Dは大丈夫か心配でしたが、ママが3Dメガネを押さえてあげながら見ました。3Dに見える物に手を出そうとしたり、ちゃんと楽しむことができてよかったです。ただ、もともと水や風が嫌いなヒメ、臨場感のある水滴や風の演出をいやがっていました。あと、5ヶ月のオウジにとって内容はわかるわけもなく、大音響に何度もビックリして大泣きしていました。ちょっとかわいそうなことをしてしまったと反省です。

 

アリスのティーパーティ(ファンタジーランド)

ヒメはココを通るたびに「乗る」と連呼していたティーパーティ、10分ほど待って乗りました。こちらも赤ちゃんも含めて全員でトライです。ヒメ、風や水を嫌がるくせにこの回転は楽しかったようです。

 

 

【昼食】クィーンオブハートのバンケットホール(ファンタジーランド)

ディズニー攻略のためには、昼食は11:30までにお店につきたいところ。残念ながら我々はユルい攻略なので(そもそも攻略しようとあまり思っていない)12時の一番混んでる時間帯になり、30分待ちで入店。

ちなみに、理系パパはその間、ファストパスに走ります。もし二人の子ども達が両方とも昼寝した時に、パパとママが1人ずつ別々にスペースマウンテンに乗ろうと企み、ファストパスをゲットしておきました。

 

 

プーさんのハニーハント

お昼のパレードの真っ最中、ファストパスでママとヒメがハニーハントを楽しみます。私とオウジ(睡眠中)は外ではちみつのポップコーンを買って待機。遠目でパレードを一人で鑑賞します。

そしてハニーハント後、オウジとママはみっちり授乳するため(あと休憩のため)、一旦ホテルに帰ります。私はヒメを昼寝させるため、ここではじめてベビーカーをレンタルしました。ベビーカーでウロウロウロウロしながら寝かそうとするものの、昼寝してくれず・・・・・

 

 

スーパードゥーパージャンピンタイム(ウエスタンランド)

ちょうどスーパードゥーパージャンピンタイムのショー開催中に横を通ったので、「見る!」と言われて肩車。人垣の一番後ろから肩車で見たのですが、ヒメは大喜び。これなら寝かそうとせず最初から見せてあげればよかったです・・・。

 

 

ハロウィンポッピンライブ

その後、ウロウロし続けてもまったく昼寝してくれる気配がないので、諦めて二人でパレードを見ることに。気温が下がってきて寒くなってきた中、場所取りで二人で座りこみました。開演まで30分。だんだん混雑してくる中、仲良く話しながら30分過ごしました。

そして開演目前。なんと・・・・ここにきてヒメが耐えきれず寝落ち!!!ヒメもわかっていて、「ミッキーさんが来たら起こしてね」と言ってから意識を失ったのですが、大音量のパレードが目の前に来ても起きず(笑)もう膝の上で寝る子を無視して、アラフォーの理系パパが一人でパレードのビデオ撮影を続けました!一緒にパレードを待っていた周りの人たちも心の中で笑っていた事でしょう・・・・

 

 

スティッチエンカウンター(トゥモローランド)

パレード後、ホテルから戻ったママ・オウジと合流です。10分待ちでスティッチへ。アトラクションの面白おかしいやり取りはヒメもだいたい理解できたらしく、喜んでいました。4人で入ったのですが、ここでもオウジが泣き出す場面が><

 

 

シンデレラのフェアリーテイルホール(ファンタジーランド)

お昼はすいていたシンデレラ城、夜になって混雑です。30分待ちで4人で入りました。ヒメはガラスの靴やお姫様(シンデレラ)のイスなどに興奮。お城というものを理解できたようです。

 

 

【夕食】チャイナボイジャー(ウエスタンランド)

夕食も18:30分から並び始めるという、混雑ドンピシャのタイミングになってしまいました。30分待って店内へ。昨晩と同じくオウジのたそがれ泣きが始まり、理系パパは食事を早々に食べてオウジを抱っこ。

 

 

エレクトリカルパレード

夕食後、ウエスタンランドでパレード後半になんとか間に合いました。肩車で見せましたが、電球キラキラのパレードにヒメも大喜び。こちらも最初から見せればよかったなと後悔です。

 

そして、これにて2日目は終了。夜のシンデレラ城をバックに記念撮影をして、20:20頃に退園、ディズニーランドホテルに戻ります。パパも疲れがたまってきて23時には爆睡でした。今夜も、深夜の授乳をがんばるママ、お疲れ様です。

 

 

旅行3日目-TDS

いよいよ旅行最終日です。今日は1,2日目とうって変わって、朝から冷たい雨・・・。それでもディズニーランドホテルの窓から下を見ると、カッパを着た家族連れが続々と開園15分前の入園目指して移動しています。我が家は今朝も昨日と同じくゆっくりスタートです。

そして今日は、ママとオウジは午前中はホテル待機にしました。ゆっくり休息と授乳をしたかったのと、荷物を自宅に送り返す宅配手続きをするためです。

 

 

グーフィーグリーティング(メディテレーニアンハーバー)

カッパと傘を購入し、冷たい雨の中、TDSへ。ヒメは3日目ともなると疲れがたまってきたのか、口数も少なめです。それにしても、雨の中の「傘+抱っこ+カッパ」はとてもしんどいです。理系パパの腕と足腰も限界が近づいてきました。

それでも、TDSに着いた途端、グーフィーが待っていました。一緒に写真を撮って、サインももらって、ヒメはご満悦。

 

 

ミッキー&フレンズ グリーティングトレイル

ダッフィーのグリーティングに行きたかったのですが、平日の雨の中でも80分待ちという混みようだったのであきらめてミッキーのもとへ。ここでも40分待ちでしたが、いざミッキーと会うとヒメはとても喜んでいました。

 

何も乗りたくない・・・

その後、グリーティングをこなそうとするものの、ヒメは「もういい・・」。雨の中、乗り物系は厳しいのでショーに誘うものの、「見ない」。疲れもたまってきて、並ぶのは嫌だし大音量でビックリするショーももう見たくないのでしょう。

結局、「お散歩しよ!」とのことで雨中散歩がスタートです。とはいえ、傘+抱っこはとても厳しく、私はこの寒さの中、カッパの中は汗だくになってしまいました。私が濡れることを諦め、ヒメを傘で死守しつつ、トリトンズキングダムで時間をつぶすことにします。

 

 

ワールプール/ブローフィッシュバルーンレース

ただ、アリエルのショーも見ないというので、屋内の乗り物系に。乗り物はやっぱり好きなようです。ただ、疲れのせいか、ワールプールは若干気持ち悪そうに見えました。

 

 

お散歩・・・

トリトンズキングダム内のレストランにも行こうとしないので、再び雨の中のお散歩。ポートディスカバリーからエレクトリックレールウェイに乗ったり、30分ほどウロウロとお散歩を続けるうちに、私の肩で眠ってしまいました。私はミラコスタ前のベンチに腰掛け、そのまま寝かせます。

小さい子にとって、日常からかけ離れた刺激と疲労を考えると、1回の旅行ではTDLとTDS1回ずつで十分なのかも、と思いました。

 

 

シェフミッキー(アンバサダーホテル)

さて、ランチはあらかじめシェフミッキーを予約してあったので、ここでママ・オウジ組と合流です。私とヒメは13時頃のシャトルバスに乗ってTDSからアンバサダーホテルに移動しました。雨のせいで私は靴までビショビショです(ヒメは死守しました!)。

13時半から1時間半のシェフミッキー、次から次へとキャラクターが会いに来てくれるので、ヒメはとても楽しそうでした。わざわざ雨の中、ミッキーのグリーティングに行かなくてもよかったかも・・・。

 

 

 

旅行3日目-再びTDSへ

シェフミッキーのあとは再びTDSに入園し、ママのお買いものタイム。各方面から頼まれたお土産も含めて、ママはいろいろとショップを回ります。理系パパとヒメとオウジの3人は、ミラコスタのロビーで雨宿りさせてもらいました。

実はトイストーリーマニアのファストパスを取っておいたのですが、疲れのたまったヒメは行きたくないとのことで、結局ミラコスタでコロコロしていました。

 

 

旅行3日目-帰路

いよいよ帰路につきます。18時発のANAバスで羽田へ。案外、バスの中でヒメは寝ることなく羽田につきました。オウジもおとなしくしていてくれました。

羽田ではペブル・エアバギーのベビーカーセットを再び分解して預けます。地方空港と違い、小さな子連れ専用のカウンターもあってとても便利です。遠い搭乗口も空港内の貸出しベビーカーでスイスイ移動できました。行きの飛行機で乗り物酔いしたヒメのために、あらかじめ酔い止めを飲ませます。

そしてフライト。20時頃の出発だったのですが、ヒメは疲れもあって離陸時のGで寝落ち。着陸まで私の膝の上で起きなかったので、無事、乗り物酔いはなかったです。ヒメも「帰りは大丈夫だったね!」と喜んでいました。一方でママの膝の上のオウジは、行きと違ってご機嫌ナナメで、かなり泣きわめいてしまいました。地方に住んでいる我々は車社会なので、公共交通機関で他のお客さんに迷惑をかけてしまうようなことがほとんどありません。今回初めて、その肩身の狭い体験をしてしまいましたが、周りのお客さんがとてもいい人ばかりで、あやしてくれたりしたので、救われました。

その後、銭湯に寄って、結局自宅に着いたのは23:30になっていました。ママ・ヒメ・オウジ、おつかれさまでした。

 

 

3 赤ちゃん連れディズニーでやっておいてよかったこと

これは子連れディズニーでやっておいて正解だったな、という点です。

 

 

◆荷物は事前に送る
二人分のオムツやおしりふき、普段食べるお菓子類、塗り薬等の常備薬、2~3日目の着替えなどなど、初日に不要のものはすべて衣装ケースに詰めてホテルに郵送しておきました。子連れ、赤ちゃん連れの旅行はとにかく荷物が多くなって、駅や空港では荷物の世話やら子どもの世話やら、てんてこ舞いになります。可能ならぜひ郵送しておくことをオススメします。

○ディズニーホテルお荷物宅配サービス(配送作業は日本郵便)
 衣装ケース1個 往復で約2,500円
 (ただし3辺が170センチ以内。重すぎると加算)

 

 

◆ベビーカー
うちのベビーカーは、オウジが「エアバギーにマキシコシペブルを装着」という駆動性は良いけどけっこう大きいものを使っています。まだお座りのできないオウジは、抱っこひもかペブルか迷いましたが、結局ペブルをそのまま持っていくことにして、空港預け荷物として移動しました。

公共交通機関の移動はとても面倒なのは大きなデメリットです。飛行機やバスはバラして預ける必要があります。まぁ、それを考えても、パーク内では駆動性抜群、安眠確保、使いやすい荷物置きとして大活躍してくれましたので、持って行って正解かなと思いました。ちなみに、ディズニーリゾートラインはそのまま乗れるので問題ありません。

ヒメはディズニーでベビーカーを借りようかと思ったのですが、2日目のランドの夕方に借りただけで、あとはすべて私が抱っこorおんぶor肩車で移動しました。すでにオウジで大型のベビーカーを使っているので、2台になると機動性が相当悪くなると考えたからです。あと、私の体力に自信があったためです(笑)。

○レンタルベビーカー  1,000円/台

 

 

◆お誕生日が近いディズニー旅行

3歳の誕生日のわずか数日前だったので、お誕生日シールをつけさせてもらいました。するとキャストのみなさんから「おめでとう」の嵐!おそらくヒメの人生の中でも3歳が一番おめでとうと言われた年になったことでしょう。お誕生日シールの話は聞いたことありましたが初めて我が子で体験して、とてもいいものだなと思いました。

 

 

◆サインが案外お気に入り

グリーティングやシェフミッキーでは、持参していったサイン帳に、それぞれのキャラクターにサインを書いてもらいました。実はこれ、帰宅後にヒメが結構気に入って、毎日ペラペラとめくりながら旅行の思い出に浸っていました。キャラクターが直接書き書きしてくれた、ということがとても嬉しいようです。文字を指さしながら、「ミッキーマウスって書いてあるの!」と喜んでいます。

 

 

4 今回の旅行の反省点

 

次に、子連れディズニー攻略にあたって失敗した点などです。

 

 

◆ミッキーにはそんなに頻繁に会えない

「ミッキーさんのおうちに遊びに行く」という言い聞かせをずっと前からしていたのに、いざディズニーリゾートにくるとなかなかミッキーさんにあえません。なのでヒメから「ミッキーさんは?」と何回も聞かれてしまいました・・・^^;

到着してすぐにランドのミートミッキーや何かのショーを見せるべきだったなと反省です。今回の旅行で初めてミッキーが見れたのは、ファンタズミックで遠くから小さな小さなミッキーを見た時でした(笑)

 

 

◆思ったより授乳が難しい

TDLにもTDSにも充実した設備のベビーセンターはありますが、パークの奥まで侵入しているとかなり遠いです。うちのママは乳腺炎がちで、常に張って痛む傾向があったので、決まった時間にサッと授乳することができなくてしんどい思いをしていました。時には多目的トイレも利用したそうですが、なかなか飲んでくれなかったとのことです。

 

 

◆子どもはショーやパレードが大好き

ショーやパレード、3歳直前のヒメは思いのほか大好きだったようです。実は今回はショーを見ることはあまり予定していなかったので、ライドではなくてショーやパレードをもっと予定に組み込めばよかったなと後悔しています。

特に3日目のTDSは、乗るものもなくなってフラフラ散歩しているだけの時間もありましたが、水上ショーのことをすっかり忘れていて、「散歩するならせめてメディテレーニアンハーバーに行けばよかった・・・」と後悔しきりでした。

 

 

◆アトラクションなどを詰め込み過ぎない

2泊3日の3日目ともなれば、2,3歳の子はとても疲労がたまっています。しかも、日常生活とはかけ離れた、刺激の強いことばかりが繰り返される世界です。脳の処理もついていかないこともあるでしょう。私は2,3歳の子にとってTDSとTDL、それぞれ1日ずつが限界かなと思いました。

ヒメは3日目のTDSでは、何も乗りたがらず、お散歩しようと訴えてきました。親としても張りきって詰め込もうとしたので、ちょっとかわいそうな事をしちゃったかなと思っています。

 

 

5 まとめ

 

以上、今回は初めての4人でのディズニーリゾート家族旅行についてのお話でした。小さな子連れのディズニーは、とにかくママパパの準備が大変だと思います。パークの攻略法はディズニーのブログいろいろとあると思いますが、上でも書いたとおり、アトラクション詰め込み過ぎないことも私は重要だと思いました。

これからディズニーに行くママ・パパは、アトラクション制覇にこだわりすぎず、ぜひゆったりした気持ちも持って旅行してきてください。

 

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク